インプラントってどんな治療?治療前に知っておきたい基礎知識

インプラントを受けるなら治療費も確認を!~費用や注意点について~

インプラントって何?

インプラント(implant)とは、英単語の「植え付ける」という意味に関連し、虫歯や事故によって欠けて(抜けて)しまった歯の骨に対して外科手術を行って人工歯根を埋め、その上に人工歯をかぶせる治療法のことをいいます。

歯医者を選ぶ条件で重視する要素ランキング

男性
no.1

やはりまず医師の技術

やはり、各地域にたくさんある歯医者を選ぶ条件として忘れてならないのは、歯科医の技術は皆ほとんど同じレベルではないという事です。そして、治療がうまくいかないと生活に支障をきたす恐れもあるため、まずは技術力を重視する必要がありますが、例えばネットの口コミだけで各歯科の技術力がわかるわけではありません。そのため、やはり確実に技術の高い医師が診療する歯科に通いたい場合は、身近な人の中で地元の歯科に通ったことのある人に良い歯科を紹介してもらうのが一番です。

no.2

医師の信念・人間性

技術が高いならばまず安心ですが、できれば、より志の高い医師と巡りたいところです。知人から色々と腕の良い歯科医が診療にあたる歯科を紹介してもらえたら、併せて先生の人柄も聞いてみたり、HPで診療に関する想いなどもチェックしてみることが大事です。なお、例えば東西からの交通の利便性が高い東京の総武線沿線で言うと、荻窪・新宿・秋葉原・錦糸町などそれぞれ歯科の激戦区のため、患者に選んでもらえるように、HPに医師の理念・治療方針なども掲載されているところが多めです。

no.3

痛くない歯医者

総合的な技術は高いものの、治療はやや痛めであると通院が憂鬱になる場合があります。そんな中、近年では「無痛治療」を第一のコンセプトにしている歯科が増えてきているため、出来る限り痛くない方がいい場合は、痛みに関する方針も条件に入れて選ぶほうがベターです。

no.4

スタッフの人間性

もしスタッフ(歯科衛生士)の中にイヤなタイプの人がいたり、全体的に歯科内に流れる雰囲気に問題を感じる場合は通院が憂鬱になる可能性があります。特にインプラント治療など長期的な通院が必要で、その後のメンテナンスもあって長い付き合いになる治療で通院する場合は、医師以外のスタッフの人柄・雰囲気が良い事も大きな条件となります。

no.5

交通の利便性

例えば、虫歯が一つだと思って歯医者に行ったものの、次々に虫歯が見つかった場合、医師はそれを無視するわけにはいきませんので完治まで相当な時間を要するケースもよくあります。そして、早く終わらせたいと思って毎週通うようになる場合、家から遠すぎたり駅から遠すぎたりすると通院が大変になりますので、ある程度は交通の利便性も大事といえます。なお、駅からある程度近くても、岩手・岐阜・熊本など県内の丘陵・山岳地帯の比率が多い地域においては、駅からの歯科までの坂道の程度なども調べておく必要があります。

インプラントってどんな治療?治療前に知っておきたい基礎知識

婦人

インプラント治療での注意点

インプラント治療とは、ブリッジ・入れ歯と違って保険適用外であるところが大きなデメリットです。そのため、どのような独自の保証制度を設けているかを事前にHPなどでよく確認する必要があります。また、インプラントの手術後数日間は激しい運動をしてはならないため、体を動かす仕事をしている人は、長期休暇の前日に行うなど、手術日程を事前によく考える必要があります。

歯型

インプラント治療に向いている人の特徴

まず人前で話すことが多い人の場合、歯並びの良さや歯の白さは非常に重要といえ、周囲が自分の歯の事をどう思っているのか気になって仕方ないような方には向いているといえます。また、好きな食べ物がしっかりした歯がないとうまく食べられないものであったりする場合も、治療に向いています。

口

治療にかかる費用

インプラントの治療費というものは、1本あたりの料金が国によって定められているということはなく、各歯科によって違います。そして、具体的には1本あたり40万円前後(30万円から50万円くらい)が大まかな相場となっている傾向です。

インプラント治療の魅力について

インプラント治療の魅力は色々な点が挙げられますが、まずは食べ物などを噛んだ時の噛み応えが、入れ歯などとは違って元の状態にとても近いという点や外れる心配がまったく要らないという点です。また歯並びの悪さや歯の欠損により、外見の印象があまり良いとは言えなかった人の外見の印象が飛躍的な向上する可能性があるのも魅力といえます。

広告募集中